Exterior view of the cocoon tower, credit Koji

繭をイメージした超高層

繭(コクーン)から成虫が孵化するように、学生達が育ち、社会に羽ばたくイメージをデザインした建築

モード学園コクーンタワー
HOTO FUDO (c)Koji Fujii/Nacasa & Partners Inc

食に最適な空間

郷土料理“ほうとう“を楽しむための空間、富士山麓でひときわ目を引く、雲をイメージしたレストラン

HOTO FUDO
Nicolas, credit Daichi Ano

振り子の新制震システム

時計の振り子をイメージした新型制震システムを用いた、スウォッチグループ ジャパンの本社ビル

ニコラス・G・ハイエック センター
Exterior view of Sony City, credit Sony Life Insurance Co Ltd

100mのキューブ

2008年『日本免震構造協会賞』受賞、高い耐震性能と快適な執務空間を実現したオフィスビル

ソニーシティ

1989年に設立されて以来、20年以上にわたり、日本における数少ない国際的エンジニアリング・コンサルティング会社として活動を続けてきました。地震国ならではの高い耐震技術力は、独自の制震システムを採用したニコラス・G・ハイエックセンターや、地上20階建ての免震オフィスビルソニーシティなどで、大きな成果を上げています。それに加え、環境に配慮した空間実現のための様々な技術サービスやマネジメントを、世界中のアラップ事務所と連携しながら提供しています。

トピックス

  • skills_services

    業務紹介

    アラップはロンドンに本社をもち、世界90ヵ所以上に事務所を構える、国際的なエンジニアリング・コンサルティング会社です。

  • Graduates

    採用情報 / インターンシップ情報

    ・中途採用募集要項
    ・新卒採用情報
    ・インターンシップ募集情報

  • ニュースレター(東京事務所 発行)

    毎月1回、海外のプロジェクト情報などを日本語でご案内しています。最新号では、南米の地震地帯メキシコシティに建てられた57階建てコンクリート高層タワーも紹介。

  • Nicolas G Hayek Center (c)Hiroyuki Hirai

    ニコラス・G・ハイエック センター

    ブティック、オフィス、カスタマーサービスの機能をもつスウォッチグループ ジャパン本社ビル

プロジェクト

ニュース

  • 0112 2015

    日本で英国ビジネス賞を受賞

    この賞は、革新的で日本における企業活動とその功績があり、かつ日本社会への貢献が認められた企業に贈られるものです。年に一度行われているこの表彰は今年で8回目をむかえ、日本で活動している外国企業に親しまれると共に、英国の創造性、文化、商業をあらわす独自のイベントとなっています。

  • 2011 2014

    ボスコ・ヴェルティカーレ、インターナショナル・ハイライズ・アワード受賞

    インターナショナル・ハイライズ・アワードは、フランクフルト市、ドイツ建築博物館、独不動産デカバンクの主催する建築賞です。 ヨーロッパ圏内でも環境汚染の著しい都市部に位置する、高さ110mと76mの2棟の高層住宅はイタリア語で“垂直の森”と名づけられました。27階まで各室にテラスが設けられ、高さ3-6mの樹木が900本、5,000本の低木と11,000本に及ぶ花の苗が植えられています。このプロジェクトはサステイナブルハウジングの新たなプロトタイプを示すことになります。

  • 244 2013

    カウフマン・センター、技術賞受賞

    アラップが技術設計で携わった“カウフマン・センター・フォー・ザ・パフォーミング・アーツ”の構造エンジニアリングに対し、ACECより名誉ある賞を授与されました。賞の発表は、4月23日、ワシントンDCグランドハイアットで催された授賞式にて行われました。賞を受けたのは、アラップのアメリカ事業部会長マハデヴ・ラマン、ワシントンDCグループ代表のグレッグ・ジャンバルヴォです。

  • 047 2012

    シンガポールに広大な植物園

    ベイ・サウスは、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイを構成する3つの植物園の一つです。3つの植物園は、それぞれ特徴的なテーマで構成されており、その規模も世界有数といえます。この度、ベイ・サウスは政府資本による開発の第一号として整備が整いました。

Share: