言語の変更
JA

アラップは東京に事務所を構え30年以上になります。設立以来、注目を集める数多くのプロジェクトに携わり、創造的なデザイン、卓越した技術、戦略的なマネジメントで高い評価を得てきました。

1994年に開業した「関西国際空港旅客ターミナルビル」が、日本で記念すべき最初のプロジェクトとなりました。その後もわたしたちは日本各地の象徴的なプロジェクトに取り組んできました。「静岡県富士山世界遺産センター」のような文化施設から、既存ビルを耐震改修した広島の新しいランドマーク「おりづるタワー」、日本初となる商業用の洋上風力発電施設、東南アジア地域における日本の政府開発援助(ODA)プロジェクトに関する鉄道システムのエンジニアリングコンサルタントまで、提供するサービスは多岐にわたります。


東京オフィスでは、新卒採用を実施しています。 応募または募集要項はこちらをご覧ください。

【募集職種: 2023年4月入社】

  • 構造エンジニア

  • 環境設備エンジニア(電気)

  • 環境設備エンジニア(機械)

【募集職種: 2022年4月入社】 

  • 環境設備エンジニア(電気)

  • 環境設備エンジニア(機械)


【オンライン座談会開催中】
開催部門: 構造設計、環境設備設計
対  象: 東京事務所に興味がある学生
受付締切: 2021年11月30日(火)
▼お申込み詳細は>>こちらから


採用に関するお問い合わせは [email protected] までお願いします。

100+ 日本の従業員数

300+ プロジェクト実績数

Arup in Japan

日本国内は現在、東京事務所のみとなります


採用情報

アラップに興味を持ってくださった学生の方や卒業後間もない方に対して、国や地域ごとに異なるプログラムを用意しています。東京事務所では、新卒採用およびインターンシップを実施しています。


個々人が尊重されて自発性を歓迎する環境

未知の課題へ取り組むことへのポジティブさ

アーキテクトがいないからこそ生まれる刺激と成長