言語の変更
JA
; ;

パルマス・アルタス・キャンパス, セビリア

省エネルギー性「とサステイナビリティを実現した、アベンゴア社本社

パルマス・アルタスのビジネスパークは、スペインの新たな都市開発地区、セビリア市の南部に位置しています。市議会と民間企業アベンゴア社の共同イニシアチブにより実現したこのプロジェクトは、スペイン南部で最大の民間技術開発地区です。

アベンゴアは再生可能エネルギーや情報通信、環境関連技術を扱う企業です。パルマス・アルタスは、10万m2に及ぶ施設のうち2/3がアベンゴアの新社屋として計画されており、セビリア周辺に点在するアベンゴアの事業所機能は、ここに集約されることになります。また、企業間のコラボレーションを促すため、施設の1/3には関連する企業や組織をテナントとして誘致する予定です。

パルマス・アルタスの設計においては、ロジャース・スティーク・ハーバー・アンド・パートナーズと、ヴィダル・イ・アソシアドス・アルキテクトスの緊密な協力体制が不可欠でした。

アベンゴアの基本思想である省エネルギー性とサステイナビリティの実現に加え、経済的な競争力も併せもったデザインが求められました。パルマス・アルタスは、完璧にインテグレートされた建築とエンジニアリングのまさに賜物といえます。