言語の変更
JA
; ;

みんなの森 ぎふメディアコスモス, 岐阜県岐阜市

ダイナミックにうねる木造屋根と、グローブが特徴の図書館

2015年2月に岐阜市内の一角に、新しい市民の活動の中心地として図書館「ぎふメディアコスモス」が誕生しました。
建築家の伊東豊雄氏のもと、アラップは構造設計・監理と環境および耐火コンサルティングを担い、プロポーザル段階から密なコラボレーションを行いました。

この建物は2階建で、延床面積は約15,200㎡です。1階は主に展示や多目的ホール、事務エリアを有します。中2階の閉架書庫はガラス壁に囲われ、書庫内部や蔵書が外からも見えるよう工夫されています。

2階は開架書庫エリアです。フロア全面にわたりダイナミックにうねる木造屋根の形状と、内部環境を快適にするために屋根から吊られている「グローブ」の存在感が、この建物の特徴を引き出しています。

プロジェクト概要


15,200 延床面積

11グローブの数

40エネルギー負荷低減率

温熱環境や光環境を創出する「グローブ」の存在

このグローブは、建物使用時のエネルギー負荷を40%以上低減する効果を持っています。ダイナミックな木造屋根の起伏は、施工のしやすさを考慮した厚さ2cmの薄いヒノキ材を、現場でなじませながら積層する方法により実現しました。

 


地元の職人さんたちの手で積層が可能なラミナ材を設計

設計チームは、コンピューター上の解析作業を行うだけではなく、設計段階からこの屋根の施工方法を様々考案し、独自に実験や模型制作を重ねました。施工段階においては、実際の施工に携わる職人さんたちと共にモックアップを制作し、施工検証を行いました。種々の荷重状態を想定した構造実験を通して、木材と形状の構造性能を確認しながら現場施工を進めました。設計チーム自らが、施工方法を提案し、現場施工に携わることにより、この屋根の実現可能性を体感していくプロセスになりました。

施設は2015年7月にオープンを迎え、連日大勢の利用者でにぎわっています。

主な受賞歴

2017年 第15回環境設備デザイン賞 最優秀賞