言語の変更
JA
; ;

Lincolnshire Waste to Energy facility, ノース・ハイカム

リンカンシャー廃棄物発電施設

アラップは、イギリスの建設会社クラグストン・コンストラクションのリードコンサルタントとして、リンカンシャーの新しい廃棄物発電施設(EfW)の設計を全面的にサポートしました。地質、土木、構造、火災安全、音響の各種エンジニアリングに加え、機械、電気、給排水設備のエンジニアリングサービスを提供しました。

EfWの設計においては、データは全てBIMによって管理し、3Dモデルを用いた設計、調整が行われました。BIMによる情報共有によって、各種エンジニアリングの統合や、干渉部位のチェック、プロセスデザインの計画を円滑に進めることができました。結果として、短い工期で滞りなく施工が行われました。

施工を担ったのは、クラグストンとフランスを拠点とするCNIM社のJVです。CNIM社は、運用するWRG(ウェイスト・リサイクリング・グループ)への技術指導も担当しました。施設は、年間およそ15万トンの廃棄物を処理する計画で、正味11MWの電力をグリッド(送電線)へと供給することが可能です。ランドスケープや管理棟、ビジターセンターなどの付随施設も建設されました。